富隈神社 <香川県まんのう町公文>


まんのう町の富隈神社を訪れた。


金毘羅参詣道丸亀街道沿いの公文山の山腹に鎮座している。



画像



創建は延喜13年(913年)の古社。



画像



鳥居の近くに古老の狛犬が一対



画像
画像



石段を登ると随神門



画像



さらに石段を登る



画像



拝殿



画像



2011年8月27日
香川県まんのう町公文





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

たかし
2011年09月01日 10:33
公文(くもん)はなんか由緒がある地名、学習塾の名前にも採用されているから学問に関係があるのでしょうか。
たかし
2011年09月01日 10:36
長い石段をあがると拝殿が。
やはり石段があると神社らしい雰囲気がありますね。
狛犬さんは風格があるお姿だし。
吉備津彦さまといえば、岡山市に吉備津神社があり、親戚らしい。
2011年09月01日 16:01
たかしさん
大辞泉によれば、
くもん‐じょ【公文所】
1 平安時代、諸国の国衙(こくが)で公文書を扱った役所。
2 平安時代、院・摂関家・寺院・荘園などで、主に所領・年貢の事務を執った所。
とあります。
近くの郡家は、郡の役所[郡衙(ぐんが)]があったところですので、公文は、公文所があったのではないでしょうか?

たかし
2011年09月01日 22:06
そうですか、公文書を熱かった役所。
郡家といい、公文といい、歴史の勉強になりました。
由来が分かっただけでも、貴重な体験でした。
AUSTIN 3:16
2011年10月10日 19:25
はじめまして。
地元でもある神社を紹介していただきありがとうございます


公文の由来は公文所があったことに由来しています(まんのう町史にも記載されています)。
自分も神社や寺院等の仏閣が好きなので、これからも楽しく閲覧させていただきます。
あさみ
2011年12月06日 00:17
実家がすぐそこにあったりします笑
小学生のとき木食上人入定塔について調べました(^^)
紹介してくださってありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 阿吽探訪 香川県 1

    Excerpt: 阿吽探訪 -1- -2- 香川県 1 (探訪年月日をクリックすると探訪記事に移動します。) .. Weblog: 阿吽探訪 racked: 2019-04-24 04:22